アルバイターやパートも雇用保険に加入できる

アルバイターやパートの場合は、1週間の所定労働時間が30時間以上なら「一般被保険者」に、30時間未満20時間以上なら「短時間労働被保険者」として雇用保険に加入できる。

「短時間労働被保険者」の条件としては、このほかに年収90万円以上が見込まれること、また労働時間・賃金などの労働条件が就業規則などの文書で決められていること、となっている。
保険料は一般事業の場合、職場が従業員の賃金の1000分の7.5、本人が賃金の1000分の4を負担する。

雇用保険は勤め始めた日が資格取得日となり、職場ではその日の翌月の10日までに、公共職業安定所に「被保険者資格取得届」とバターコーヒー 作り方 効果を提出しなくてはならないのだが、これも他の保険と同じで実際にはきちんとやっていないバイト先が多いだろう。